雪かき義務

こんにちは、これまた今日も寒波(今度はクリスマス寒波の後の年末寒波ですか?)来ていて、朝のテレビニュースなどでは、各地(特に北の方)にかなりの積雪があり、東京や大阪も氷点下の気温となってるそうですね。

さて、私が住んでいたカナダのバンクーバーも時々雪が降ります。なかなか降らないのですが、降るときは「ドカッ!」とくるときが多いです。

カナダというイメージでは、冬になると国全体が凍るように寒く、雪で覆われている感じがありますが、バンクーバーではそのようなお天気は数日間あるぐらいです。

snow in Vancouver

しかし、そのドカッ!とくる数日のために、「雪かき義務」は発生します!

バンクーバー市の条例で、雪が降った日(日曜日以外)は朝10時までに、自分の家の前を雪かき&氷を取る作業をしないといけません。

snow shoveling : 雪かき
you need right tool. 雪かき用のきちんとした道具
spread salt, sand, or cat litter to create a better foot traction.
凍ってしまっているところには、路上
凍結防止用の塩、砂、ネコのトイレの砂などを蒔きます。

コツは「除雪用のスコップを押す!」雪を担ごうとしないのが、15cmまでの積雪に効くと思います。

その義務を怠ってる場合、罰金をかせられたりします。そのうえ、もっとも恐ろしいのが、通行人が自分の家の前の雪や氷ですっ転んで怪我をした場合、賠償責任が発生したりすることがあります。(北米の損害賠償請求は半端な額では無いのは、みなさんご存知の通り)なので、「あ〜、雪が降ってきた〜、キレイw」などと子どもと一緒に浮かれている余裕はありません。

雪が降る夜は「ピンク色の空」になるんです(私の個人的な意見ですが)。そのピンク色の空を確認したとき、「明日は朝から雪かき。。。」と気分はドドメ色になります。

といっても、雪はたまにしか降らないので、市民としての雪かき義務終了後は子供たちと一緒に近所の丘へ、プラスチック製のソリを持って、遊びに行ったりして楽しくすごしたりできましたけど。

それでは、また come again!

人気ブログランキングへ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中