Goodbye 2012 ー 語源

もうすぐ2012年も終わりですね。

そこで、今年最後のエントリーで、もっともよく使われている英単語のうち、2つの「語源」を書き留めたいとおもいます。

new-year“Goodbye” とは、元々 “God be with ye (you)” 「神のご加護をあなたに」(なんだか、スター・ウォーズのジェダイみたいです)が、頻繁に「お別れの挨拶」に使われているうち、短縮され”Goodbye” になったそうです。いつの時代も、「長いフレーズ」を短縮するのは、人の常なんですね。

ちなみに、“Hello” とは、”Hal beo thu” から “Whole be thou” になって、現代英語では “a wish for good health” 「あなたの健康を願ってますよ」っていう感じらしく、これまた「長いフレーズ」を短縮・改造した言葉のようですね。

最近は言葉がメール(ケータイやPC)、ギャル語」とかで言葉が乱れてきているって、言ってる方が多いですが、こういうことはお約束通り、大昔から有ることなんですよね。

ということで、今日は短く終わります。

それでは、良いお年を…

ブログランキングに参加してます。また、下のバナーをクリックしてもらえると、うれしいです。


人気ブログランキングへ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中