石川遼くん、マジで?

こんにちわ、今日はほんとうに、気持ちいお天気でお洗濯もはかどりました。

来月のオープンハウス@谷町スクールの準備や、受講生の方々のすこしでもお役に立つように、オリジナルマテリアルを作るのに日々力を注いでいます。

で、本日は「あれ?」て思った記事をスポーツ報知から、引用させてもらいます。

05590281

遼、名物ホール「スタジアム」攻略に意欲…米男子ゴルフ:ニュース:ゴルフ:スポーツ:スポーツ報知.

プレーの合間にウエーブが起きるなど熱狂的な大会で、ヤジも当たり前。だが石川は

(英語が)わからないのでそれはいい方向に働くかも」と前向きにとら えた。

16番では、グリーンを外せばブーイングが待っている。「プロが165ヤード前後の距離から乗らなければ、そうなるのはおかしいことじゃない」と覚 悟。8アイアンでピンを突き刺すイメージはできている。

遼くん!まさか、「英語がわからない」とご本人の口から聞くとは思っても見ませんでした。多分、ご謙遜なさっているのでしょう。前向きな姿勢はお変わりないようなので。

しかしながら、大人の事情もいろいろあると思うので、少し心配です。

本日の表現

More haste less speed: 「急がばまわれ」何事もスピードばかりにこだわらず、基礎からじっくりするのも大切なことだとおもいます。

ということで、本日はこの辺りで。

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてもらえると、嬉しいです。

人気ブログランキングへ

カナダ人ってこんな感じ?

こんにちは、
今日も短信ですみません(´・_・`)

20130130-134332.jpg
from reddit

東海岸の州に行くと、コテージ集落にはこんな感じの人、あるある。
それでは今日はこの辺りで

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてもらえると、嬉しいです。

人気ブログランキングへ

目に見える Generation Gap

こんにちは、みなさんお元気ですか?

本日は、ショートなエントリです。(短信、っていうやつですか?)

いわゆる、ジェネレーションギャップ Generation Gap ってパンツ(ズボンですか?)の高さ、もしくは「股上の寸法(ローライズ仕様など)」で一目瞭然ですよね。

いつもの Reddit からご紹介いたします。

ということで、本日はこのへんで、また明日。

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてもらえると、嬉しいです。

人気ブログランキングへ

0

日本人のLとRのカオスは、もう世界の常識

こんにちは、

昨日はすごい吹雪ましたね、ほんの一瞬(@大阪市内)

さて、最近私がハマっているサイト Reddit から、ひとつご紹介させてもらいます。

日本人が必死で「LとRの発音の違いを認識して、苦手意識があって、でも頑張ってる!」このごろですが、世界ではもう「日本人がLとRの区別ができない」っていうのは、常識になりつつあるのか? 日本語英語がオーストラリア英語、カナダ英語、アメリカ英語、フィリピン英語などと同じく「英語の一種」として市民権を得つつあるのか?

そんな気持ちになったお写真一枚。

bergium

ベルギーが明らかに “Bergium” でへんてこなんですが… (”Belgium” が正確な綴りです。)

Reddit でのコメントが面白くって…!

なんか、「あいつら(日本人)わかってね〜」って言うより、“L-R Challenged”、 LとRが不自由な私達に愛情が感じられるスレでした。

それでは、また明日。

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてもらえると、嬉しいです。

人気ブログランキングへ

0

“Dislike it!” のボタンをFBが作ったら、とんでもないことになりそうです。

こんにちは、いかがお過ごしですか。
本日は私のお気に入りのサイト、「ロケットニュース」で読んだ記事をご紹介いたします。
あなたは大丈夫? Facebookユーザーの3人に1人はサイト閲覧後に嫉妬心や孤独感を感じていた

突然だが、Facebookユーザーのみなさんに質問。「Facebook利用後、あなたはその時のやりとりや内容にどれほど影響を受けていると感じますか?」

ドイツで行われたある調査によると、なんとユーザーの3人に1人がFacebook閲覧前よりも後に気分が沈み、嫉妬心や孤独感を抱いていることが明らかになったそうだ。3分の1もの人が必ずしも利用する必要のないSNSに参加して、日々閲覧するたびにネガティブな気持ちになっているというのである。

Unsociable networking: Researchers say checking Facebook can make you miserable and jealous | Mail Online.

元記事 “Mail Online” のを読むと、海外の人もFacebook についてはいろいろな考えがあるんだな〜と思ったので、元サイトにあったコメントを引用します。

Just remember, if they are really having such a good time then they probably wouldn’t be posting and trying to get attention on FacePalm (顔を手で覆ってしまう残念な仕草)or Titter(苦笑). Instead of looking at what other people are doing just go and enjoy yourself!
– Dave, Southampton, 22/1/2013 20:51

My goodness. Facebook – the site for needy, insecure, narcissitic people!
– Bluebell, Durham, 22/1/2013 20:37

TRUE! I have been very depressed lately and I have not been able to check my facebook account because it makes me much more miserable. I do not like taking photos of myself and pretend that I am very funny and my life is great writing the most ridiculous states but anyway, it makes me kind of jealous to see how awsome lives some people seem to have. The worst thing is having your ex as your friend in facebook.
– Lola, Madrid, 23/1/2013 5:27

全部でコメントは180くらいあったのですが、ほとんどのコメントが「FBを見た後は落ち込む」の方向で、一致しているみたいですね。

私が個人的にFBのことをどう思っているかは内緒ですが、「自信と自慢が当たり前な欧米文化」でも、「フレンドの書き込みを見て、『自慢ばっかりしやがって!うぜ~っ』」とか沢山のユーザーが思っているんだ、とちょっと驚きました。

FacebookFakebook と呼んでいた人もいたぐらいです。文化は見かけによらず

それでは、また。

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてもらえると、嬉しいです。

人気ブログランキングへ

0

海外でもゆるキャラ、クルー!

こんにちわ。

寒いですね!

本日は、日本の文化(主にアニメなど)が世界中の子供達の心を席巻していますが、ゆるキャラもキタか?!と思わせる写真をネットで見つけました。
ご紹介いたします、「フレーミー “Flamy” 」です。
ブラジルの「熱傷病棟のゆるキャラ」、やけどで入院している子どもたちを「癒す」ために作られたキャラだそうです。
しかしながら、評判の方は “Terrifying” (怖い)でイマイチなのか?!

ゆるキャラ

Meet Flamy, The Terrifying Brazilian Burn Ward Mascot.

ま、日本の文化のキャラっていうのは、「外見」だけではなくそれに伴うコンセプト&感情、たとえば「萌、キモかわいいなど」、も一緒に伝わっているわけで。そういうトレンドに鈍感な「フレーミーを見た大人たちが、マスコットにしてはちょっと怖いかも」と思ってしまったのか。私は、フレーミー、好きです。

ということで、本日は短いですがこの辺りで失礼致します。また、明日。

もっとゆるキャラ!

こちらもどうぞ。

0

元カノを探し続ける

こんにちは、いかがお過ごしですか。

きょうは、お天気がいいですね。

英語を勉強していく中で、(個人的な意見ですが)もっとも難しいと感じたのは、「笑い」に関する事でした。

例えば、お笑い芸人の番組、コメディ映画、一般的なジョーク…など何を言っているのかは100%わかっても、「これのどこがおもろいねん!」の壁、(そんな壁が本当にあるのかわかりませんが)私はぶつかったような気がします。

いちど、「いわゆるアメリカンジョークが面白い」と思うようになれば、その後もなんだか「アメリカン、面白い」と笑えるようになったりしたのですが、妙なもんですよね。

ちなみに、アメリカで活躍しているコメディアンはカナダ出身(人)が多かったりしてるんですよ。ダン・エイクロイド、マイク・マイヤーズ、ジム・キャリー、スティーブ・マーティンなどなど。

さて、そんなこんなで本日は私のお気に入りサイト “Reddit” で見つけた面白いジョークを書き留めたいと思います。

元カノを探さないで

Dear Algebra,
Please stop asking us to find your X.
She’s never coming back and don’t ask Y.

代数(学)さんへ、
私達に、あなたの元カノ(X) のことを尋ねるのはやめてください。
彼女はもう絶対に帰って来ません、そしてその理由(Y)を私達に聞くのはやめてください。

ここでのポイントはXが “ex-girlfriend” (元カノ)の省略形で、Yが “why” (なぜ?)、なところが面白いんです(爆)

ex-wife, ex-husband, ex-girlfriend, ex-boyfriend など、”ex” が妻、夫、彼女、彼などの前につくと、「元」という意味になります。

日常の会話や、メールなどでは単に “my X” (私の元カレ・カノ)と表現されることが多いです。

「何故か」の部分は “why” がただ単に “Y” と同じ発音なので、代用されているだけです。

ということで、このジョークは「数学の問題のXとYの関係」を恋人関係に置き換えてうまくまとめているところが、オチなんですよね(爆)

今日の表現

poor ~ : 可哀想な〜(だれそれ)

それでは、また。

ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてもらえると、嬉しいです。

人気ブログランキングへ