Cereal killer

うちの一番オチビが突然

“it’s a rice killer!”

と言って、私は「なにが、お米の殺し屋なんだ?ひょっとして、穀潰しとかって言うのを、英語のアニメで “a rice killer” と言っていたのだろうか?

と考え込んでいたら、

“I mean, it’s a serial killer!”

と言い直したので、「はて?」とますます考え込んでいたら、

CEREAL と SERIAL がゴッチャになってて、「シリアルは朝ごはん」→「朝ごはんはライス」→「a rice killer」になったんだね!って気が付きました。

その後、5分ぐらいは大笑いして腹筋が割れそうでした。

同じ発音で、綴りも違って、すごい意味(用法)がかけ離れている忘れられない一例となりました。

広告