エスカレーターの「片側空け」イギリスでも廃止の方向へ

マナー大国のイギリス、実はエスカレーターを使用する際に「片側空け」を禁止する方向で動いているらしいのです。

そして最近日本でも「片側空け」はやめて!な風潮になってきた感じがありますが、イギリスとの関係はあるんでしょうか?

実は…その関係は全くないようです。

面白いのが両国(イギリスと日本)の「片側空け禁止」の理由が、全く違うところから来ている事です。

日本は「エスカレーターの片側空けがあると、人が駆け上がり、つまずいたりして転倒したり、事故の可能性があるから

 

日経新聞より

 
なんですが、

イギリス(の交通機関)では「エスカレーターの全面を使用して、2列で使用すれば、倍の速さで乗客を運ぶ事ができる。渋滞の緩和が目的

 

from gizmodo.co.uk

 
だそうです。

同じ結果を同時期に追求していても、「その根拠」が両国で違うなんて、面白いなぁと思いました。

広告

日本の(TOTO社製)お手洗い、教祖様になる⁈

ニューヨークタイムズ紙を読んでいて、「日本式(いわゆるウォシュレット付きの賢い)便器」を所有している方々は、北米一般に設置してあるお手洗いではもう満足できないメンタルになっているような事が書いてありました。

TOTOのおトイレは今や北米にて、カルトステータスを確立しているのでしょうか?

The Cult of the Toto Toilet

きっと悲しいだろう…と思っている食べ物

こんな食べ物達は、きっと「悲しい」と思っているだろうなぁ、と考えられている19選の中に、日本の物が数点紹介されていました。(from BuzzFeed)

 1)チーズフレーバーのチョコ

チーズ風のチョコ

2)パッションフルーツ味のキットカット

でもチョコレート

3)マウンテンデュー味…

   

3)カレー味のチョコ

基本的にカレーのブロック

4)野菜入りのアイス

表情がもう悲しい

個人的には、マウンテンデュー味のコーンスナック、カレー味のチョコ、サラダアイスが試食してみたいです(^^)

ナウな女子の呼び方

一般的に「女子」といえば、英語で”girl”ですが、北米でもその呼び方に「流行り」があるようで…

1990年代前後(定かではありませんが)は、「男子」を示す(若者の使う言葉(^^;;)で “dude” で、「女子」が “dudette ” でした。
今、新しい呼び方が現れてきている様子です。

「男子」が “bro” 、これは昔からありますが(“brother ” と親しみ?を込めての男友達の呼び方で使われることが多いです)

それに対して「女子」が “broette” というそうです。”sister“ではないのが、新しいんですよね。(ま、私が知っているくらいなので、そんなに新しいワケではないと思いますが(^^;;)

お酒を飲むと顔が赤くなる。”Asian Flush”

これから始まる「忘年会シーズン」

楽しみにしている人、憂鬱な人。

いろいろあります。

憂鬱な理由の一つとしてあげられるのが「お酒を飲むとすぐ『顔が赤くなるから』」はよく耳にします。

個人的な感想ですが、欧米人はアルコール耐性が高いです(^^;; 

お酒を飲んで「真っ赤な顔になって、その後真っ青になって、直ぐに気分が悪くなる」欧米人は、(全くの個人的な感想ですが)見た事がないです。

このアルコール耐性については、アジア人がアルコールを分解する「ALDH2酵素」が少ないからとされれいるのが原因とされているとも聞きます。

 

“asian flush” from NBC

 
欧米では、アルコールを飲むと顔を赤くする「アジア人」のことを “Asian Flush” (アジア人の紅潮)と呼んでいます。

人種が違うと、色々違うんですね。

日本の警察官がこんな事したら…

北米の警察官達は、「ドーナツ」がお好き!なのが一般常識とされています。

 

from Reddit

 
時には、ジョークとして「いじられる」場面であります。

日本で勤務中の警察官が、スィーツをパトカーでお買いものしていたら…

こんな事があれば、ニュース番組、新聞、インターネットで「日本の警察官」はバッシングを受ける事間違いなし⁈

カエル、美味しいᵎ(-᷄८̻-᷅)

カエルを食べる!と言えば、なんとなくエキゾチックアジアン料理な響きがありますね。

西洋では、おそらく東南アジア系のレストランで「食材としてのカエル」がメニューに登場し、それほど珍しいことではないような感じもあります。

 

from BuzzFeed

 
しかし、(彼ら西洋人にとっての)「日本食」となると話は別なのかもしれません。

だから、みなとみらいのカフェが「猛毒展」をされた時に「ちょいキモ」メニューを用意した事に反応したのでしょう。

 

from minato mirai

 
しかし、この様な記事から改めて思いますが、取り立て大きなイベントではない「ローカルな展示会」が、西洋メディアで取り上げられるようになった…のは、「日本への注目度が高い!」ということでしょうね(^^)