お酒を飲むと顔が赤くなる。”Asian Flush”

これから始まる「忘年会シーズン」

楽しみにしている人、憂鬱な人。

いろいろあります。

憂鬱な理由の一つとしてあげられるのが「お酒を飲むとすぐ『顔が赤くなるから』」はよく耳にします。

個人的な感想ですが、欧米人はアルコール耐性が高いです(^^;; 

お酒を飲んで「真っ赤な顔になって、その後真っ青になって、直ぐに気分が悪くなる」欧米人は、(全くの個人的な感想ですが)見た事がないです。

このアルコール耐性については、アジア人がアルコールを分解する「ALDH2酵素」が少ないからとされれいるのが原因とされているとも聞きます。

 

“asian flush” from NBC

 
欧米では、アルコールを飲むと顔を赤くする「アジア人」のことを “Asian Flush” (アジア人の紅潮)と呼んでいます。

人種が違うと、色々違うんですね。

広告