ママチャリ@クールジャパン

北米の子供達(又は若年層)は、日本製のアニメを日常的にテレビで観ています。

嬉しいネェ〜(^^)

日本の文化は粛々と海外に進出し(または受け入れられて)いて、ゆくゆくは外国の若い世代の方々がより日本の価値観を理解していってくれる事になると思っています。

そんな日本の文化の一端として存在する「ママチャリ」。

わたしが在北米時代には「ママチャリ」は殆ど見かけませんでした。

実際、本体の「ママチャリ」を数台見かけることはありましたが「子供を2人(前と後ろ)」に乗っけてるのは、皆無でした。(後部に乗っけているのと、引っ張る型は見かけた事はあります)

 

後ろで引っ張る型

 
今日ふと「亀田製菓の柿の種」を食べている時に、パッケージの裏を読むと、ロンドンでは「ママチャリ専門店」ができているそうですね。

  
こんな感じで、ロンドンのママやパパも子供たちを前と後ろに乗っけて走っているのでしょうか。(^^)

英単語の省略形

例えば、

I + am が I’m

you + are が you’re 

など、中学1年生の英語の授業で省略形を習います。

英単語の省略形はそれだけに止まらず、

not + ever が never の元であるとされていたり、blood + rush が blush であるとされていると聞きます。

真実は定かではありませんが、

student + dying = studying 

と言う意見もあるようですね(^ ^)

英単語の短縮形