3月14日は何の日?

3/14は日本で「ホワイトデー」という事で、バレンタインデーのお返しの日とされていますよね。

もちろん、この設定は日本だけなのは、最近は沢山の方々がご存知だと思います。

一方、北米の一部では、3/14を「パイの日」と呼んでいる方々もいるようです。

美味しい「パイ」を食べる言いわけになりますよね! (パイは本来ならπ=3.14の意味だと思いますが…)

“π or pie”

広告

バレンタインも正反対…

北米の日常が、日本では真逆な事柄はたくさん有ります。

例えば、有名なところで

交通の「右側通行」と「左側通行」

本の「右開き」と「左開き」

氏名の表示の逆 …

あげるとキリがないほど「真逆の法則」はありますよね。

バレンタインデーもその一つです。

日本では「女性が男性にプレゼントを贈る日」とされていますが、北米では「男性が(お付き合いしている)女性、又は奥さんにプレゼントを贈る日」とされています。

ロマンチックなレストランは、恋人たちや夫婦などで溢れる1日となっています。

この日は、お花屋さんが最も儲かる日といわれ、たくさんの男性たちが、(長い茎の)真っ赤な薔薇の花束をパートナーの為に買い求めます。(この日、薔薇のお値段はもちろん高くなります(^ ^))

そして、3月14日のホワイトデーはございません。

  
バレンタイン湖 (ブリティッシュコロンビア州、カナダ)

多分、これもJapan 限定⁈

この様な商品に、本日「某100円ショップ」で出会いました。

「抹茶味のオレオ」

オレオクッキーと言えば、アメリカのスナック菓子文化の頂点の一つ!

抹茶クリームで攻めるとは、なかなか面白いですね。恐るべしっ、抹茶フレーバー!

とても美味しかったです。

  

外国人が羨む日本の姿…

人は、目の前にある幸福を、「あって当たり前」と捉えているのかもしれません。
日本では当たり前な感じのサービスが、海外では「え?マジこんなのあったら、捗る〜」な感じらしいです。

1ビールのサーバー、これは珍しい!(引用先をご覧ください)
2カツサンド、これは分かります!
  
 

3下着やカッターシャツの調達が出来るセブンイレブン!最高です。
  
4ATMだけでなく、お手洗いまで完備な日本のコンビニ。(でも、カナダでもこんな感じだった様な気もします)
5おしぼり〜(^ ^)

  
6暖かい冷たい飲み物が、自販機で買える!サイコーですね
7AEDなどの緊急道具まで、自販機で購入可能!
  
8あらゆる自転車の形にフィットした、駐輪場のロック…あっぱれ

  

9キチンと分別する、改札マシーン!
10マクドナルドで使えるカードが、鉄道の改札でも使える、これサイコー
11宅配するマクドナルド
12食レポ番組の充実
13ATMの前などで、地面に示されている並び方…
14列車内で、方向を変えれるボックスシート
  
 
15色んなサイズのコインロッカー群(更に、シカ付き)
  
16多機能トイレ〜
17そのトイレが「音消しの音をだす」
  

18子供達様に、特別にアレンジされた車両…

   

from buzzfeed

お酒を飲むと顔が赤くなる。”Asian Flush”

これから始まる「忘年会シーズン」

楽しみにしている人、憂鬱な人。

いろいろあります。

憂鬱な理由の一つとしてあげられるのが「お酒を飲むとすぐ『顔が赤くなるから』」はよく耳にします。

個人的な感想ですが、欧米人はアルコール耐性が高いです(^^;; 

お酒を飲んで「真っ赤な顔になって、その後真っ青になって、直ぐに気分が悪くなる」欧米人は、(全くの個人的な感想ですが)見た事がないです。

このアルコール耐性については、アジア人がアルコールを分解する「ALDH2酵素」が少ないからとされれいるのが原因とされているとも聞きます。

 

“asian flush” from NBC

 
欧米では、アルコールを飲むと顔を赤くする「アジア人」のことを “Asian Flush” (アジア人の紅潮)と呼んでいます。

人種が違うと、色々違うんですね。

日本の警察官がこんな事したら…

北米の警察官達は、「ドーナツ」がお好き!なのが一般常識とされています。

 

from Reddit

 
時には、ジョークとして「いじられる」場面であります。

日本で勤務中の警察官が、スィーツをパトカーでお買いものしていたら…

こんな事があれば、ニュース番組、新聞、インターネットで「日本の警察官」はバッシングを受ける事間違いなし⁈

カエル、美味しいᵎ(-᷄८̻-᷅)

カエルを食べる!と言えば、なんとなくエキゾチックアジアン料理な響きがありますね。

西洋では、おそらく東南アジア系のレストランで「食材としてのカエル」がメニューに登場し、それほど珍しいことではないような感じもあります。

 

from BuzzFeed

 
しかし、(彼ら西洋人にとっての)「日本食」となると話は別なのかもしれません。

だから、みなとみらいのカフェが「猛毒展」をされた時に「ちょいキモ」メニューを用意した事に反応したのでしょう。

 

from minato mirai

 
しかし、この様な記事から改めて思いますが、取り立て大きなイベントではない「ローカルな展示会」が、西洋メディアで取り上げられるようになった…のは、「日本への注目度が高い!」ということでしょうね(^^)