安倍首相のマリオ@リオ

Rioオリンピックの閉幕式で行われた、Tokyoオリンピックの紹介ビデオ&パフォーマンス、なかなか面白く出来上がっていましたね。

Twitter でも日本国の首相がスーパーマリオにコスプレしていた件で、かなりの反響があった様です。

日本では『イケメン』とされてるカナダのジャスティン・トルドー首相と並んで、カナダのTwitter trends で “just as cool” とお墨付きを頂いた安倍首相。

これも新たな「クールジャパン」なのかも(^^)

PM Shinzo Abe @twitter canada moments

ストレスを感じると、デザートを食べたくなる本当の理由⁉︎

feel “stressed ” を逆に書くと  “desserts” になる件。

ストレスを感じると「甘い物」に走ってしまう…わかります。

それで、どれくらいの体重を増やしたか‼︎ (笑)

英語で”stressed”(ストレス感じる)を逆に書くと”desserts”(デザート)になるのは、偶然の一致なのか⁈

私には、わかりません…
 

ストレス とデザート

 

ママチャリ@クールジャパン

北米の子供達(又は若年層)は、日本製のアニメを日常的にテレビで観ています。

嬉しいネェ〜(^^)

日本の文化は粛々と海外に進出し(または受け入れられて)いて、ゆくゆくは外国の若い世代の方々がより日本の価値観を理解していってくれる事になると思っています。

そんな日本の文化の一端として存在する「ママチャリ」。

わたしが在北米時代には「ママチャリ」は殆ど見かけませんでした。

実際、本体の「ママチャリ」を数台見かけることはありましたが「子供を2人(前と後ろ)」に乗っけてるのは、皆無でした。(後部に乗っけているのと、引っ張る型は見かけた事はあります)

 

後ろで引っ張る型

 
今日ふと「亀田製菓の柿の種」を食べている時に、パッケージの裏を読むと、ロンドンでは「ママチャリ専門店」ができているそうですね。

  
こんな感じで、ロンドンのママやパパも子供たちを前と後ろに乗っけて走っているのでしょうか。(^^)

英単語の省略形

例えば、

I + am が I’m

you + are が you’re 

など、中学1年生の英語の授業で省略形を習います。

英単語の省略形はそれだけに止まらず、

not + ever が never の元であるとされていたり、blood + rush が blush であるとされていると聞きます。

真実は定かではありませんが、

student + dying = studying 

と言う意見もあるようですね(^ ^)

英単語の短縮形

3月14日は何の日?

3/14は日本で「ホワイトデー」という事で、バレンタインデーのお返しの日とされていますよね。

もちろん、この設定は日本だけなのは、最近は沢山の方々がご存知だと思います。

一方、北米の一部では、3/14を「パイの日」と呼んでいる方々もいるようです。

美味しい「パイ」を食べる言いわけになりますよね! (パイは本来ならπ=3.14の意味だと思いますが…)

“π or pie”

1セント硬貨が本当に流通していなかった件

しばらくぶりにカナダへ戻って感じた事、などを書きます。

以前から導入されると噂されていた「1セント硬貨の廃止」、2013年に施行されたようです。

クレジットカードや小切手などで支払う場合は、1セントまで有効ですが、お店でお買い物を「現金」でする場合、1セント単位での取引はありません>_<
例えば

  
ご覧のように、$29.36は実質 $29.35と扱われるわけで…

レシートには新しい項目:”Cash Rounding“が追加されています。

rounding というのは、四捨五入の様に「繰上げ」「繰り下げ」を行うことで、上のレシートの場合は、1セント「繰り下げ」されています。

 

from canada mint

 
まー、これがまたレジのところで計算されるわけで、12%の消費税、そのうち「調理前の食べ物など」には 物品サービス税5%が免除だったりする場合もあり、自分が買い物している時、「全く幾らになるのか?」なんて電卓が有ってもなかなか分からなくなっている「カナダでのお買い物」体験のお話しでした。