首相…

カナダの首相が、ヨガのポーズをキメている写真がTwitter等で話題騒然だそうです。

PM Justin Trudeau

2013年のお写真らしいですが、「ハトのポーズ」お似合いです、ジャスティン首相。

#peacockpose

広告

絵文字 emoji 🙏🏼

「日本語の単語」がたくさん外国で使用されてきています。

嬉しい気持ちになりますね。

その一例が「絵文字 emoji」です。

(^^;;とか、(^-^)/とか、(*^^*)なんかから始まり、今では😊😁😰 もemoji と呼ばれるようになったりしてますよね。(^ ^)

数あるemoji の中に、意味がイマイチわからない物もあるんです。(と、言われています)

これ

🙏🏼

です。

私は個人的には「お願いします」とか、「ありがとう」とか、「祈ってます」みたいな時に使っていますが、人によっては「ハイタッチ high five」で使用したりするらしいですね_φ( ̄ー ̄ )

 

絵文字 emoji の意味

 
またまた細かい事を言ってしまいますが、ハイタッチ (high five)の場合は、親指が片方の手に見えても良いはず…それに、袖の色を変えてみたりするとより分かり易いのではないか?と思ったりしています(^o^)/

St. Patrick’s Day (聖パトリックの日)

毎年、キリスト教圏で3月17日はアイルランド共和国に、キリスト教を伝えたとされる聖人St. Patrick を讃える日となっています。

カナダもSt. Patrick’s Day をお祝いします。かといっても、全ての人々がアイルランド人でキリスト教徒ではないので、本来の深い意味でのお祝いは、限られたグループの方々のものだと思います。

しかし、お祭り気分でのお祝いは、宗教や人種を超えてカナダとアメリカでは浸透している年中行事の一つです。

シンボルは何と言っても「緑のクローバー」🍀

子供たちが通っていた小学校では、この日「何か緑色の物を身につける事!」が課題でした。アイルランド系の移民、アイルランド系のカナダ人の方々は、この日は全身緑色!で通学だったのも覚えています。

  
 

st patrick’sday google

 

3月14日は何の日?

3/14は日本で「ホワイトデー」という事で、バレンタインデーのお返しの日とされていますよね。

もちろん、この設定は日本だけなのは、最近は沢山の方々がご存知だと思います。

一方、北米の一部では、3/14を「パイの日」と呼んでいる方々もいるようです。

美味しい「パイ」を食べる言いわけになりますよね! (パイは本来ならπ=3.14の意味だと思いますが…)

“π or pie”

1セント硬貨が本当に流通していなかった件

しばらくぶりにカナダへ戻って感じた事、などを書きます。

以前から導入されると噂されていた「1セント硬貨の廃止」、2013年に施行されたようです。

クレジットカードや小切手などで支払う場合は、1セントまで有効ですが、お店でお買い物を「現金」でする場合、1セント単位での取引はありません>_<
例えば

  
ご覧のように、$29.36は実質 $29.35と扱われるわけで…

レシートには新しい項目:”Cash Rounding“が追加されています。

rounding というのは、四捨五入の様に「繰上げ」「繰り下げ」を行うことで、上のレシートの場合は、1セント「繰り下げ」されています。

 

from canada mint

 
まー、これがまたレジのところで計算されるわけで、12%の消費税、そのうち「調理前の食べ物など」には 物品サービス税5%が免除だったりする場合もあり、自分が買い物している時、「全く幾らになるのか?」なんて電卓が有ってもなかなか分からなくなっている「カナダでのお買い物」体験のお話しでした。

ご当地スナック

先日、一週間ほどカナダへ行ってまいりました。

久しぶりに地元のスーパーなどを訪れたときに、目をとめた一品。

カナダなのになぜか「ワサビ&ガリ味」チップス…

レジの店員さんの一押し商品でした。

食べると(約200円くらいで)「お寿司屋さんに行った気分☆」になれるのか⁈ と思い、早速購入しました。

お味の方はまだ確かめておりません>_< また、後ほどレポートいたします。

ワサビ生姜味のチップス

追記:(3/8)

このポテトチップス、とても美味しかったです。パッケージにあるような「盛り盛りのワサビ!」感はなく、ほんのり「ワサビッ」なテイストに、ほのかな「ガリ」のあと味…

日本で販売してくれたら良いのに〜!と願うお味でした。

よく考えてみると、日本を差し置いて(^ ^)カナダで「ワサビ生姜チップス」が売られているなんて、面白いですね。

pop vs soda

私が住んでいたカナダの西海岸の都市、バンクーバーでは、炭酸飲料の事を”pop”と呼んでいる人が大多数でした。

実際、(個人的な見解ですが)レストランのメニューでも、飲み物のリストには”pop”と表記されていた記憶があります。

しかし、一度アメリカへ旅行する機会があり、国境を越えると、そのソフトドリンクの呼び名が変わった事(“soda”になる)を思いだします。

また、知り合いのイギリスで教育を受けた翻訳家の方も、”pop”と呼ばず”soda”と言っていた記憶があります。

  
Buzzfeedで面白い分泌図(soda vs pop)がありましたので、ご紹介いたします

上記の図を見ると、合衆国の南側では炭酸飲料の事を”Coke”というんですね💦

さすが、コカコーラの原産地アトランタ州が含まれる地域ですね!